1. HOME
  2. お知らせ
  3. 新型コロナウィルス感染症への対策【最新版】

新型コロナウィルス感染症への対策【最新版】

2020年4月10日

新型コロナウィルス感染症への対策
特定非営利活動法人日本ホリスケア協会

平素はホリスケアアカデミーにひとかたならぬ御愛顧を賜り、ありがとうございます。
特定非営利活動法人日本ホリスケア協会では、政府の基本方針に添い、当面
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、次のことを徹底することとします。
皆様におかれましては、新型コロナウィルス感染症に対し、ご自身そしてご家族の安全に
つながることとご理解いただき、何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

1. 感染拡大防止策の徹底
①かぜや発熱(37.5℃)などの症状が見られる方あるいは37.5℃未満でも、「咳・くしゃみ」「咽頭痛」「息苦しさ」「倦怠感」のうち、2つ以上症状がある場合(ただし、花粉症等、症状に関する明確な理由がある場合は除く)は、欠席をお願いいたします

その際の補講は可能な限り柔軟に対応いたします。ただし修了予定日が変更になることをご了承ください。
②入室前の検温の徹底
③入室前の手指消毒の徹底

教室手前に体温計・消毒液を設置しております。
④受講中のマスクの着用
お持ちでない方は、ハンカチ等マスクに代わるもので鼻と口の両方を覆えるよう、工夫いただきご準備を
お願いいたします。
⑤ドアノブ、手すりなど手指接触の多い場所の消毒や、換気の徹底
授業のたびに、消毒液をスプレーしたペーパータオルで、机椅子や使用した物品、会場内のよく触る箇所の
消毒を行います。
受講生の皆様にも、全員で一斉に、あるいは当番を組んで、などの方法でご協力をお願いいたします。
⑥咳エチケットの励行
せきやくしゃみを人に向けて発しない、せきが出るときは出来るだけマスクをする、マスクがないときはハンカチ・ティッシュ・タオルなどで口をおおう、素手で受け止めたときはすぐに手を洗う、といった処置を
お願いいたします。
⑦入室前の手洗い、うがいの励行
⑧スクーリング期間、以下に該当する場合は速やかにご連絡ください。
概ね2週間以内に、新型コロナウイルス罹患者、濃厚接触者との接触があった場合
概ね2週間以内に、小規模な患者の集団(クラスター)発生箇所に訪問していたことがわかった場合
渡航関連:以下に該当する場合
【本人渡航】
・国や地域を問わず海外へやむをえず渡航しなければならない予定がある場合
・1か月以内に海外渡航歴がある場合
【渡航者との接触】
・外務省 感染症危険情報「レベル3」「レベル2」が出されている地域から帰国して14日が経過していない方と
接触した場合
新型コロナウイルス罹患者の受け入れを行っている、または行う予定の医療機関等でご勤務されている場合

なお、今後の感染拡大状況や行政判断等により休講となる可能性があります。ご了承ください。

2.従業員・講師の行動指針
政府、広島県の指導に添い、次の行動を行います
①自覚症状がない場合は、上記の感染拡大防止策を徹底して通常業務
②ドアノブ、手すりなど手指接触の多い場所の消毒や、換気の徹底
③せきや発熱などの軽い症状が見られる場合は自宅待機
④風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様)や、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合は相談窓口に連絡

お知らせ

お知らせ一覧