1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護福祉士実務者研修受講資金貸付事業のご案内

介護福祉士実務者研修受講資金貸付事業のご案内

介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修受講資金貸付事業とは?

広島県は、介護職等として従事しながら(内定者も含む)、介護福祉士実務者研修を受講する人を対象に、受講料金等を貸し付ける事業を行っています。要件を満たせば貸付金の返還が免除(=受講料が無料になる)となりますので、提出書類や連帯保証人が必要だったり多少たいへんな面もありますが、積極的に利用したいものです。

全額返還免除の条件は?

①実務者研修施設を卒業後、1年以内に介護福祉士の資格取得(登録)すること
②介護福祉士として、広島県内等において返還免除対象業務に継続して2年間従事すること
①と②両方を満たすことが条件になっています。返還免除対象業務は介護福祉に関わる多岐の業務が含まれますので、窓口である社会福祉協議会のホームページを確認されることをお勧めします。

貸付の対象者は?

①広島県内の福祉・介護施設等に従事中(内定者含む)である
②実務者研修施設を卒業後,広島県内等で返還免除対象業務に従事する意思を持ち、1年以内の介護福祉士の国家試験受験日のある年度末までに介護等の業務に従事する期間が3年に達している
①と②両方を満たすことが条件になっています。広島県の制度ですが、ホリスケアアカデミーで受講する場合は住民票が県外でも対象となります。ただし、教育訓練給付制度や高等職業訓練給付金等の国庫補助事業、この制度と同種の使途である貸付金や給付金を利用している人は貸付対象になりません。この辺も心当たりのある方は窓口の社会福祉協議会に問い合わせた方がよいかもしれません。

必要書類や連帯保証人について

申請書や住民票、印鑑証明書、お勤めの施設の推薦書などの基本書類や連帯保証人関係書類があります。申請から貸付金交付までの流れも含めて、社会福祉協議会のホームページをご覧ください。申請は、ホリスケアアカデミーに在学期間中となります。在学期間中に窓口である社会福祉協議会に申請書が届かないと受理されませんのでご注意ください。

お問合せ先

(社福)広島県社会福祉協議会 生活支援課 (実務者研修受講資金担当)
〒732-0816 広島市南区比治山本町12-2 TEL(082)254-3413
ホームページ:http://www.hiroshima-fukushi.net/work3/jitsumu/
チラシ(PDFファイル)はこちら
広島県のこの事業に関するホームページはこちら

関連記事